アクアライン

梱包のコツ

荷造りの基本常識

1.すぐには使わない物から荷詰めをしていく
シーズンオフの洋服、来客用の布団、冠婚葬祭用のスーツなどから梱包していくとよいです。
2.重い物を下側へ、軽い物を上側にする
ダンボールに荷物を詰める際の鉄則です。
3.箱の重さは自分一人でも持ち上がられる程度を上限とする
無理をしようとするとギックリ腰など大ケガの元にもなるので要注意。
4.重たい物は小さなダンボールに詰め、軽い物は大きなダンボールに詰める
本などはたくさん詰めると重くなるので、小さめのダンボールを使ってください。
5.隙間には新聞紙などを詰めて箱の中で動かないようにする
箱の中に隙間があると、荷物同士がぶつかって破損の原因となるので注意!
6.ダンボールの外側にラベルシール(またはメモ帳)などを貼っておく
「誰の物」「中身」「ワレモノの有無」「逆さ厳禁」など、注意事項をダンボールの外側へ書いておくと便利です。
7.引越し後にすぐ使用する物は専用のダンボールを作ってしまおう
洗面用具、お風呂用品、最低限の洋服、食器類などは別に分けておくとよいです。
8.本棚や冷蔵庫、ピアノ、ソファーなど、大型の家具類は引越し業者に任せる
大型の家具の梱包はたいていの引越しプランに入っているので業者に任せましょう。ピアノやエアコンなど、別料金が発生するものもあります。

ダンボールに詰める際のコツ、注意点

1.割れ物の梱包方法
ガラスや陶器類などの割れ物を梱包する際は、割れ物同士が接触しないように必ず一つずつ紙にくるみます。
ダンボールの底にも新聞紙や緩衝材などを数枚敷き、クッション代わりに使い、お皿などは立てて詰めていくことも重要です。
箱に詰める際は重い物を下にして、軽い物が上にくるようにし、箱の中で荷物がゆれないように、空いたスペースには新聞紙などを丸めて詰めてください。
ダンボールの外側に「割れ物注意」と記載するのも忘れずに!
2.衣類の梱包方法
すぐには使わないオフシーズンのものから詰めましょう。
洋服はたくさんつめても重くならないので、シワにならないように丁寧にたたみ、大きめのダンボールに詰めるのがコツです。
スーツやジャケットなど、型崩れするのが嫌な衣類があれば、ハンガーにかけたまま収納できるハンガーBOXという便利な箱があるので利用してください。
3.包丁の梱包方法
包丁のような危険物は、余ったダンボールなどを適度な大きさにカットして、2つ折りにする形で包丁の刃をくるみ、ダンボールがずりおちないようにしっかりとガムテープなどを巻き付けてください。
柄(手で持つ部分)は見えていた方がかえって安全なので、危険物だとわかるように梱包することも重要です。
4.中身が入っているビンの梱包方法
フタがしっかりしまっているかを確認後、万が一中身がこぼれた時の被害を抑えるために、1本1本ビニール袋にくるんでから梱包するとよいです。
1本1本立てて詰め、間に緩衝材を入れて動かないようにしておきましょう。
5.本、書籍類の梱包方法
本はまとめて持とうとするとかなりの重量になってしまうため、他の荷物よりも一回り小さめで強度が強いダンボールを使ってください。専門業者のものを使うのがベストです。
6.CDやDVD、ゲームなどの梱包方法
CDやDVDなどは本に比べると軽いので、たくさん詰めても持ち運びは可能ですが、箱の中に隙間があると、揺れた際にCD同士がぶつかって割れる恐れがあるので、ダンボールにつめる際は隙間ができないように新聞紙などでスペースを埋めてください。
本などを一緒に詰める場合は、下敷きになると重さに耐えられずケースなどが破損することがあるため、CD類が下にならないように注意しましょう。
7.テレビ、オーディオ関係
購入時の箱や発泡スチロールなどを使って梱包するのがベストですが、すでに箱などを捨ててしまっているという場合は、小さめの毛布やバスタオルなどでくるみ、なるべく衝撃を与えないようにすることが大切です。
配線が苦手な人は、各ケーブルを抜く際に、差し込み口とケーブルに、それぞれ目印をつけておくとよいでしょう。
8.貴重品について
現金、通帳、有価証券、小切手、キャッシュカード、宝石などの貴金属類は、「標準引越運送約款第4条」によって、引越し荷物の中に入れてはいけないことになっているので、引越し当日も含め、貴重品はすべて自分で管理するようにしてください。

その他の注意点

1.冷蔵庫
輸送中、冷蔵庫からの水もれで他の家財を濡らす恐れがあるので、引越し前日までに中を空にして電源を抜いておいてください。また、忘れずに製氷皿の水も捨ててください。
2.ミニバイク・石油ストーブ
燃料を完全に抜きとり、ストーブ等の点火用の電源も外してください。
※灯油・燃料・オイルなど火災の原因になるものはお運びできませんのでご了承ください。
3.洗濯機
排水ホースなどから完全に水を抜いておいてください。お客さまご指定の場所への設置は当社がおこないますが、配線ホースの取付けや、部品の追加など専門家による設置が必要となる場合があります。当社でも承りますので、お問い合せください。

東京湾一望